ワキガの原因と制汗スプレー

ワキガは脇の下にあるアポクリン腺が原因で、臭いを完全にシャットアウトするにはこのアポクリン腺を手術によって取り除く他ありません。

手術以外の対策については完全に対処療法となっています。
この手術に踏み切るにはかなり勇気が入りますし、手術後もはっきりと残ってしまいますから、本当に手術というのは最後の手段といえるでしょう。ですから一般的には手術以外の方法でワキガ対策を練るといったことが主流の対策になります。

まずワキガ対策としてあげられるのが制汗スプレーです。
これは手軽に購入でき、使用方法も簡単とあって第一の選択肢に入るワキガ対策です。

一方で制汗スプレーに関してはいくつか注意をしておかなくてはなりません。
まず匂い付きの制汗スプレーはNGということです。
なぜなら匂いつき制汗スプレーとワキガの臭いが交じり合って、強烈な臭いが発生するためです。

つまりワキガ対策として制汗スプレーを使っているのに、逆に悪臭を発生してしまうのですから本末転倒です。
ですから制汗スプレーを使うのであれば、無香タイプのものを使用するのが良いでしょう。

制汗スプレーがいまだにワキガ対策の一番手ですが、最近よく使われているのがロールオンタイプの制汗剤です。これは直接脇の下に塗って使うもので、効果が持続する時間も長いですしよく売れているようです。

とは言ってもこれらの対策はあくまでその場しのぎのもので、ワキガ臭を完全にシャットアウトすることはできません。やはりわきがの原因であるアポクリン腺を除去しなければ、ワキガの治療は延々と続くことになるでしょう。

費用対効果を考えると手術のほうが安くなる可能性があります。
保険適用であれば両脇10万円程度でできてしまうからです。

しかしながら保険適用でない手術法をとっているクリニックもあり、そうすると数十万円かかることになるでしょう。
手術で確かにワキガ臭はシャットアウトできますが、リスクも合わせて考えたほうが良いでしょう。