夏本番に向けて、ワキガの原因と対策は?

夏の悩みと言えば発汗による臭いですが、その代表的なものはやはりワキガ。体質であり仕方のない事なのでしょうか?
あのイヤな臭いを消し去れる対策は?夏を思いっきり楽しむためにも、紐解いてみましょう。

原因はアポクリン腺

ワキガの原因となるのは、汗腺の1つであるアポクリン腺というもの。
ここから汗が出て来るのですが、その汗に含まれる成分が肌の表面に存在する細菌と混じり合う事で、独特で強烈な臭いを発するようになります。

このアポクリン腺が特に腋部分に集中しているため、腋からの臭いが酷くなってしまいます。
汗腺の数が多い程発汗量も多くなるため、ある程度先天性のものとして仕方のない事ではあります。

欧米人と日本人の比較から見える、食生活の影響

しかし、1つだけ興味深い傾向があります。
日本ではワキガの人は少数派であり、だからこそ目立ってしまって本人の悩みになってしまいます。
ところが、欧米人はほとんどの人がワキガ体質であり、その割合は人口の7割以上と言われています。日本人はなんと約1割程度、なぜこんなにも数が違うのでしょうか?

それはアポクリン腺をより活発に作用させる原因の1つに、高カロリー・高脂肪の食生活があるのです。欧米人はそういった食習慣が根付いており、日本人はどちらかといえば野菜や魚を多く食べる傾向にあります。

特に野菜に含まれるビタミンを始めとした栄養素はワキガ体質を改善してくれる効果があります。この違いにより、欧米人と日本人でワキガ体質の人口に大きな差が生まれているのです。
という事は、自身で出来るワキガ体質の抑制方法として、肉類を始めとした高カロリー・高脂肪の食品群を避け、野菜・魚中心の食生活を心掛ける事が有効になります。

アポクリン腺そのものを除去

食生活の改善でワキガは軽減されるかも知れませんが、当然個人差もあり時間も掛かるでしょう。
現在で最も効果的なワキガの改善にはどのような方法があるのでしょうか?

これに関しては、やはりワキガ手術以上に有効なものは無いようです。
アポクリン腺そのものをレーザーで焼く事により、ワキガの原因となる成分の分泌を無くしてしまうわけなので、当然臭いが発生しなくなります。

昔はワキを切開してアポクリン腺を除去する方法でしたが、現在ではレーザーにより傷跡の残らない手術が主流となっており、不安の無い除去方法となっています。

このように、ワキガは先天的なものでもありますが食生活が影響するなど、生活習慣でも改善の余地がある上に、手術で原因そのものを取り除く事も出来ます。

最近では、ワキガ専用のデオドラントも出回っており、話題になっているようです。かなり臭いを抑えることができると評判のものは、わきが対策クリームおすすめランキング決定版を参照して下さい。手術はお金がかかるし抵抗がある方から選ばれており、ワキガ対策方法もかなり変化してきています。

深刻に悩んでしまい夏を楽しめなくなるより、是非改善の方法を試してみて下さい。
きっと明るい夏になる事と思います。