夏本番に向けて、ワキガの原因と対策は?

夏の悩みと言えば発汗による臭いですが、その代表的なものはやはりワキガ。体質であり仕方のない事なのでしょうか?
あのイヤな臭いを消し去れる対策は?夏を思いっきり楽しむためにも、紐解いてみましょう。

原因はアポクリン腺

ワキガの原因となるのは、汗腺の1つであるアポクリン腺というもの。
ここから汗が出て来るのですが、その汗に含まれる成分が肌の表面に存在する細菌と混じり合う事で、独特で強烈な臭いを発するようになります。

このアポクリン腺が特に腋部分に集中しているため、腋からの臭いが酷くなってしまいます。
汗腺の数が多い程発汗量も多くなるため、ある程度先天性のものとして仕方のない事ではあります。

欧米人と日本人の比較から見える、食生活の影響

しかし、1つだけ興味深い傾向があります。
日本ではワキガの人は少数派であり、だからこそ目立ってしまって本人の悩みになってしまいます。
ところが、欧米人はほとんどの人がワキガ体質であり、その割合は人口の7割以上と言われています。日本人はなんと約1割程度、なぜこんなにも数が違うのでしょうか?

それはアポクリン腺をより活発に作用させる原因の1つに、高カロリー・高脂肪の食生活があるのです。欧米人はそういった食習慣が根付いており、日本人はどちらかといえば野菜や魚を多く食べる傾向にあります。

特に野菜に含まれるビタミンを始めとした栄養素はワキガ体質を改善してくれる効果があります。この違いにより、欧米人と日本人でワキガ体質の人口に大きな差が生まれているのです。
という事は、自身で出来るワキガ体質の抑制方法として、肉類を始めとした高カロリー・高脂肪の食品群を避け、野菜・魚中心の食生活を心掛ける事が有効になります。

アポクリン腺そのものを除去

食生活の改善でワキガは軽減されるかも知れませんが、当然個人差もあり時間も掛かるでしょう。
現在で最も効果的なワキガの改善にはどのような方法があるのでしょうか?

これに関しては、やはりワキガ手術以上に有効なものは無いようです。
アポクリン腺そのものをレーザーで焼く事により、ワキガの原因となる成分の分泌を無くしてしまうわけなので、当然臭いが発生しなくなります。

昔はワキを切開してアポクリン腺を除去する方法でしたが、現在ではレーザーにより傷跡の残らない手術が主流となっており、不安の無い除去方法となっています。

このように、ワキガは先天的なものでもありますが食生活が影響するなど、生活習慣でも改善の余地がある上に、手術で原因そのものを取り除く事も出来ます。

最近では、ワキガ専用のデオドラントも出回っており、話題になっているようです。かなり臭いを抑えることができると評判のものは、わきが対策クリームおすすめランキング決定版を参照して下さい。手術はお金がかかるし抵抗がある方から選ばれており、ワキガ対策方法もかなり変化してきています。

深刻に悩んでしまい夏を楽しめなくなるより、是非改善の方法を試してみて下さい。
きっと明るい夏になる事と思います。

 

 

わきが脇の臭いタイプ別制汗剤の特徴

ワキガや脇の汗や臭いの予防に効果的なアイテムと言えば制汗剤です。
制汗剤には、実に色々な種類の製品がある事を知っていましたか?

そしてその制汗剤は種類によって異なる特徴を持っています。
効果的な脇の汗や臭い対策をするためには、この特徴をしっかりと押さえる必要があります。

市場に一番出回っている制汗剤が、スプレータイプの製品でしょう。
こちらのタイプは脇から15センチ程離してスプレーして使用します。
手軽に使える上に製品の選択肢も多く安価なのが特徴です。

ただし、手軽に使える分密着力が弱く、ムラも出来やすいという欠点があります。
そのため、スプレータイプは慢性的に脇の汗や臭いが気になるというより、激しいスポーツなどにより一時的に気になるという人向けです。

スティックタイプの制汗剤は、固形状の制汗剤を直接脇に塗り付けて使用します。
手を汚さず使用出来て、密着力も高いため効果的に汗や臭いを予防する事が出来ます。

ただし、落としにくいというのは汚れが蓄積しやすいと言い換えられ、きちんと洗浄しなければ逆に悪臭の原因となるケースもあるので注意しなければいけません。

クリームタイプの制汗剤は、一番ムラなく塗り込む事が出来る上に、密着力も高いので他のタイプの制汗剤よりも脇の汗や臭いが気になる人に適しているでしょう。

しかし、クリームタイプは手が汚れるのと価格が高めに設定されている製品が多く毎日使用する場合、コストパフォーマンス的に厳しい製品もあるかもしれません。

また上記の制汗剤は、汗を掻いてから使用したり、臭いが気になってから使用しても余り意味がありません。出来ればシャワー後など、脇の臭いや汗が気にならない状態の時に使用する事で効果が高まります。
途中で気になった場合は、シートタイプの製品で優しく拭き取るようにしましょう。

脇の汗や臭いが軽度の場合、またスポーツ時などに限定される場合はスプレータイプの制汗剤を使用し、慢性的に気になる場合にはスティックタイプやクリームタイプといったように使い分けると良いでしょう。

そして、急な汗や臭いには応急処置的にシートタイプを使いましょう。

 

脇の黒ずみを改善する対策法

これからの夏に向けて脇の黒ずみに悩んでいる方にはきてほしくない季節がやって参りました。
脇の黒ずみに対して気になる方は様々な対策をしているかと思います。

海やプールなど脇をあらわにする場所では荷物管理などをしていた頃とはサヨナラしてこれからは楽しい夏を快適に過ごしていきましょう。

まずは今までの対策方法を見直してみましょう。
脇毛の処理にはカミソリや脱毛器を使用されているかと思います。
しかしそれが黒ずみの原因だと知っていましたか?
肌への刺激が強いものは黒ずみの原因となるのです。

今まで使用していたカミソリや脱毛器は捨てましょう。今後、脇毛の処理は顔用のシェーバーで処理すれば黒ずみが進行することはありませんので気をつけて下さい。

では実際に黒ずみを消す方法ですが、それは至ってシンプルです。
またお金がかからない点も便利です。
そのものとは重曹です。

1.重曹を適量の水に混ぜてペースト状にすること

2.それを脇につけて優しく洗浄する

これはお風呂に入るときに実践する方法となります。
実際重曹は100円均一でも購入することが可能となっておりお手軽に手に入ります。
ですがこれは効果が本当にまちまちで上手くいく可能性は低いです。

本当に黒ずみを消すためには黒ずみようの美白クリームが効果はあります。
重曹よりも価格は上がりますが、効果は絶大です。

品名はアットクリーム。ネットでも話題の商品となります。
使用して効果が感じなければ60日以内は返金可能。
実際使用した方の声だと約3ヶ月で黒ずみはなくなったと言われる方が多いです。
これで黒ずみ対策はできますがその後のケアも大事です。

また脇毛の処理をするときに黒ずみを発症する可能性がありますので脱毛サロンでの処理が良いでしょう。人気のお店はミュゼです。ネットからの申し込みであれば600円で脱毛が可能です。
人にもよりますが2ヶ月に1回の頻度で大丈夫かと思います。

クリームと脱毛サロンの併用で綺麗な脇を目指して楽しい夏を過ごしてください。

私のワキガ対策体験談

ワキガのあのもぁ~っとした臭いって、本当に嫌ですよね。
私はアラフォーの女性ですが、自分のワキガの臭いが凄く気になります。

自分がワキガだと気が付いたのは、小学校の高学年の頃でした。
授業中に着ている真っ白な体操着の脇部分が、常に黄色く染まっていました。

家が貧乏だったので母親に新しい体操着を買って欲しいと言えず、何時も脇が黄色く染まった体操着を着て授業を受けていました。家に帰り体操着を脱いで誰にも気づかれないように脇の臭いを嗅ぐと、強烈な臭いがして凄くショックでした。

年齢を重ねる毎に汗の量は次第に少なくなって来ている感じはしますが、それでもワキガの臭いは中々消えません。特に不安になるのが、人が集まる会議室やコンサートホールです。両サイドの人が、私のワキガに気づいて不快な思いをしていると思うと、コンサートも全く楽しめませんでした。

この臭いを何とかしようと思い、雑誌やテレビCMで話題になっているスプレータイプの制汗剤を、あれこれ購入して使用をしてきました。
しかし感動するほどの効果は、実感する事が出来ませんでした。

そんなある日ネットの口コミサイトを見ていたら、デオナチュレ・ソフトストーンを見つけました。
焼ミョウバンが配合されているので、かなりの効果が期待できそうだと思いました。
ドラックストアで購入できそうなので、直ぐに買いに行きました。

外国をイメージするお洒落なパッケージが、良いですね。
朝シャワーを浴びて身支度をする時に、ソフトストーンを脇に直接当てクルクルと優しく塗りました。沢山塗ってもベタベタしないのが、気に入りました。

ソフトストーンを使用するようになってからは、あのもぁ~っとしたワキガの臭いが本当に気にならなくなったので、驚きました。きっと成分が脇にピタッと密着するので、効果が持続してくれるのでしょうね。

お手頃価格で高品質だったので、購入して大正解でした。
おかげ様で、はつらつとした毎日を過ごせるようになりました。

ワキガの原因と制汗スプレー

ワキガは脇の下にあるアポクリン腺が原因で、臭いを完全にシャットアウトするにはこのアポクリン腺を手術によって取り除く他ありません。

手術以外の対策については完全に対処療法となっています。
この手術に踏み切るにはかなり勇気が入りますし、手術後もはっきりと残ってしまいますから、本当に手術というのは最後の手段といえるでしょう。ですから一般的には手術以外の方法でワキガ対策を練るといったことが主流の対策になります。

まずワキガ対策としてあげられるのが制汗スプレーです。
これは手軽に購入でき、使用方法も簡単とあって第一の選択肢に入るワキガ対策です。

一方で制汗スプレーに関してはいくつか注意をしておかなくてはなりません。
まず匂い付きの制汗スプレーはNGということです。
なぜなら匂いつき制汗スプレーとワキガの臭いが交じり合って、強烈な臭いが発生するためです。

つまりワキガ対策として制汗スプレーを使っているのに、逆に悪臭を発生してしまうのですから本末転倒です。
ですから制汗スプレーを使うのであれば、無香タイプのものを使用するのが良いでしょう。

制汗スプレーがいまだにワキガ対策の一番手ですが、最近よく使われているのがロールオンタイプの制汗剤です。これは直接脇の下に塗って使うもので、効果が持続する時間も長いですしよく売れているようです。

とは言ってもこれらの対策はあくまでその場しのぎのもので、ワキガ臭を完全にシャットアウトすることはできません。やはりわきがの原因であるアポクリン腺を除去しなければ、ワキガの治療は延々と続くことになるでしょう。

費用対効果を考えると手術のほうが安くなる可能性があります。
保険適用であれば両脇10万円程度でできてしまうからです。

しかしながら保険適用でない手術法をとっているクリニックもあり、そうすると数十万円かかることになるでしょう。
手術で確かにワキガ臭はシャットアウトできますが、リスクも合わせて考えたほうが良いでしょう。